雑事~ざつごと~

てきとうにたらたら文章書いてる奴の垂れ流しやら雑記やら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

おのれ、○○○○

 リカバリできない理由が恐らく判明したと思われる。
 理由は、壊れたHDを交換したからだ。
 壊れて使用できないから交換したのであって、それが理由で正規でない(増設などをおこなって、出荷時の状態とは違っている)からリカバリCDが働かないようだ。ひどいとは聞いていたが、本当にこのメイカーの製品はひどい(ひどかった?)のだなあと実感した。
 一応リカバリCDからいくらかのドライバをインストールできたからよいものの、でなければ絶望していいのか憤慨していいのか悩むという奇妙な事態に陥ったことだろう。
 PCのリセット、高速化ができたと前向きにならねば、イカンだろう。恐らくは
スポンサーサイト
  1. 2008/07/31(木) 19:26:42|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

不幸は重なるの実感

 諸事情により、ネットできない状態からつい先日復旧した日の翌日、HDがお亡くなりになられました。ほかにも幾らかの細かな不幸がぽつぽつと同日に。
 HDクラッシュでデータ御陀仏などと、書き上げてない言い訳だろうと鼻で笑っていたのですが、本当にあるものか。約3年ほど使用した、3桁GBにも達さぬ骨董めいたHDD、お疲れ様でした。
 ちょこちょこと書き溜めていた文章――マーブルファンタズムSEEN5.5、あの日の背中に届かない3、新作短編2本(深夜プラス2、ストアーズ・ツアー)、掌編2本(ビリディアンの心臓、今夜すべての終わる前に)幾つかのプロット、サイトデータ、ブックマーク、PC内に溜めていた資料、データが消失。悲しいけれど、ある意味ではすっきりしたのかもしれない。
 ただ、リカバリーディスクが使えないのはどういうことか。説明が必要に思われる。
 現在はだましだまし中古で買ってきたHDにリカバリディスクから入れたドライバで動かしてはいるが、それにも限界はあるだろう。
 いくらかのツケに、そろそろ押しつぶされる時が来たのかもしれない。
 関連付ける悪癖に、辟易。
  1. 2008/07/30(水) 23:19:51|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年最後と思われる更新をしました。

 もうクリスマスも終わりますね。よい子はとっくに寝て、サンタクロースを夢で待ちわびていることでしょう。
 大人はスパークリングワインやシャンパンを飲み、談笑でもしているでしょう。ワインとチーズかもしれません。
 僕は一人でせっせと物を書きます。それしか出来ないのだから。
  1. 2007/12/25(火) 23:32:57|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

書くこともありませんので、オリジナル掌編でも

   かぜのたびびと

   1.森のはなし

 大きな森を歩いていた。その森はあまりにも大きくなりすぎて、葉のあいだから日の光も届かないぐらい育った巨木の群だ。樹齢何百年、何千年という木が一帯に繁り、歩く地面を少し掘れば全て根っこで出来ているのではないかと思わせる。
 大きな葉の一つ一つが枯れて地に落ち、届かぬ日に腐った柔らかな土は、足が埋まる。朽ちた木が苗床になり、枯れた葉が腐葉土になり、そうしてここまで大きくなってきた森には悪いと思うけれど、歩きにくくて仕方がない。
 暗い森の中は深く静かで、風が葉を揺らすのにそれが遠すぎてどこか現実味が薄い。感じる風は冷めていて涼しいというよりもやや寒かった。日がどこにあるのか判らないということが時の経つことを忘れさせる。
 この場所は暗い。それが少しだけ不安を煽る。
 この場所は寒い。それが少しだけ思考を研ぐ。
 この場所は広い。それが少しだけ寂寥を誘う。
「……」
 大抵、大きな森はこんなものだ。
 擦り合わされる枝葉に恐怖を覚え、体温を下げる風に脳が妙なことを考え、閉塞的で大きすぎる空間に心が弱る。
 だからこれは自身の問題だ。自分が作り出すものに自分が怯えているだけだ。
 呼吸を意図的に深くした。この緑が満ちた場所の空気は濃厚すぎて、丸ごと草を口に入れたようだった。
 不安定な地面が歩くのを辛くさせる。しかしこんなものは慣れたものなのだ、いい訳だろう。
「……」
 森はまだ続いている。今日はこの森で一日を過ごすことになるだろう。
 食べ物は持っていなかったが、この場所は森だ。鳥の一羽や二羽ぐらいならば休みにも来るだろう。あるいは、何千年と時を刻んできた森のことだ。そこら中にキツツキが家を持っていても不思議はない。
 わたしは今晩の食事を得るために、四肢の先から爪を出した。
  1. 2007/12/24(月) 21:50:59|
  2. 文章
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ご無沙汰しております

 風邪で寝込んでいたり、書かなければいけないことからの単なる逃避であったり、色々な理由で今まで雑記にも手をつけていませんでした。
 web拍手にメッセージを送られて返信をされておらぬ方々、もし居られましたら、申し訳御座いません。 めったにこないので、すっかりメールなどのチェックをぞんざいにしてしまっていました。
 明日は――いえ、今日は聖夜の前夜祭ですね。恋人のいる方々は、さぞや待ち望んだことでしょう。SS界では今日から明日にかけ、賑わうことでしょう。一人身でも、寂しいことはございません。

 話は変わりますが、最近、柚子とりんごをたくさんいただきました。
 柚子はお風呂に入れてもまだありましたので、砂糖漬けや、皮を刻んで乾し、柚子茶なども作ってみました。柚子茶はお湯を注ぐだけで香りが立ち昇り、口に含むと以外にも強く、香りが口に広がります。ハーブティのようなものでしょうか。
 その時思い出したのですが、僕は柚子を食すのがあまり好きではありませんでした。柚子風味のポン酢も、どちらかと言えば苦手です。愛でる程度に香るならばともかく、口にするのは得意ではありませんでした。もったいなかったのですが、柚子茶は流してしまいました。
 りんごは硬いのが好きなので、毎日食べております。柔らかくなったのは姉が好きなのですが、あの崩れるような感覚がどうにも慣れません。
 さて、長々と書いてしまいましたが、どうしてSSなどはこのように調子よく書けないものか。頭を捻るものです。
  1. 2007/12/24(月) 00:24:30|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。