雑事~ざつごと~

てきとうにたらたら文章書いてる奴の垂れ流しやら雑記やら。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

グラン・エルダ・ステレオ

 接合性はない。足は交互に――不規則に乱れながら走っている。時速二十キロもない体たらく。この辺はどうにか改善すべきだろう。
「はあ、はあ、はあ、はあ、はあ」
 手がバラバラと跳ねる。頭と視界がぐちゃぐちゃに乱れた。思考はただいまを持って閉鎖に酷似した無意味っぷり。
「はあ、はあ、はあ」
 あらゆることが四方八方に散らばって、残ったものだけがシンプルに汲み取られる。
「はあ、はあ、はあ、ぜっ。はァ」
 好きだ。たったそれだけ。文字にして三という数。最も単純で大きな言葉がメビウスのように心を回る。
 恥ずかしいといわれるかもしれない。青春と嘲笑われるかもしれない。
「ぜ、は、ぜ。は、ぜ」
 だからどうした。それが悪いことか? だったら悪くていい。それを伝えることが恰好悪いなら、それでかまわない。恰好良さなんてかなぐり捨てちまえばいい。
 今の今まで、限界寸前タイムアップコンマ数秒前まで気づかなかった自分を呪う。いや、気づいていても決意できなかった自分を愚かしく思う。けれどもそれは後だ。走り終わってからでも遅くない。
「ぜ、ぜ、っ……ぐ、ぜ。え」
 空気が薄い。呼吸が荒い。視界が白く滲む。
 あと少し。音速で走れるのならコンマ数秒とかからぬ場所。そこにいるから。
 肺が破裂しそうだった。伸縮を繰り返して伸びきったゴムみたい。
「が、ぁ。は――、ぜ、ぐ、ぅ」
 この場所からでも声は届くのに、走るのをやめない。そうじゃない。行くまでは、声にすることすら惜しい。
 ……白いサングラスでもかけたように目の前が白い。これは危険な兆候だ。もはやレッドゾーン限界で焦げ付いている。
 見上げれば月夜空。星の瞬く時間、上がった顎を引き締めて、ラストスパートをかける。
「…………ぜ、は」
 最後の呼吸。
 あとはただ、その場所に行って言うだけ。

 破裂寸前の肺で言うだけ。
「――――――――――――」
 白色があらゆることを飲み下した。
スポンサーサイト
  1. 2007/07/11(水) 21:53:13|
  2. 垂れ流し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミス・ミセス・ロジャー・ベイリィ

   ミス・スネイクの独白

 世界は遠くに存在するものだと思っていた。
 少なくとも、私の認識する世界と、私の理想とする世界は、かけ離れたものだった。そしてそれは揺るがず真実である。しかしながらそれと相違するものは、私だけが私の世界と独立して理想とした世界に近づいていることだった。
 Aに存在するBはCに行きたいと思っている。当初AとCの距離は百だったが、気づいてみればBだけはCとあと五十になっていた。つまり、そういうことなのだろう。
 告白しよう。私はそれを少なからず嬉しく、そして多大な後悔と寂しいと思っている。離れていて近づいたことは嬉しい。だがそれは、手にすることが不可能なのをより間近で知らされただけに過ぎない。
 ……だからせめて、眠る間の夢だけは愛しく抱きしめていたい。

「おはよう、ライダー。今日はずいぶん機嫌良いな」



   掌編にすらならない品質を吐き出す。
  1. 2006/02/08(水) 22:58:18|
  2. 垂れ流し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スターダスト・ワン

 これだけで作成時間一時間二十分ほどかかっているという遅筆さ。



 世界は後方へ加速する。私は前方へ遅延する。
 握り締めたレバーを引き寄せて背面スラスターと加速ブースターを同時に点火、光りもしない岩屑や金属片を払いのけて前へ。時速三百四十五キロの速度でシートにへばりつく。無数のデブリの向こうには戦火が広がっている。折り畳み式炸薬砲が人型の金属塊を撃ち抜き、半径数十メートルを巻き込む炎に変わる。
 マニピュレーターをオートからリアクション式のセミオートに変更、同時に全身のリアクティブアーマーを作動させて反撃用にセットする。マシンガンにアクセスしてフルオートからセミオートへ、狙撃プログラムの最終確認、温度を計算してややプラスに変更。ずいぶんと減った推進剤を破棄して戦闘用の凝縮型に。レバー横の追加レバーをスタンバイにしてシートベルトをきつくする。
 戦場まであといくらもない。時間にしてあと四十秒弱ほど。
「さて、私。怯えてくれるなよ」
 立派なキリスト教信者のごとく戦争をする前に自分へ頼む。
 戦場まであと五秒。四、三、二、一……。
 銃口からマズルフラッシュと弾丸をぶちまける。近接用のブレイズスタッフをレフト・マニピュレーターに構えて起動する。人型の金属塊に叩きつけた。瞬間的に灼熱した杖の温度は八千百九十二度、リアクティブで吹き飛んだ金属片すら溶かして人型のジェネレーターに打ちこんだ。
 弾丸を左右に振り撒きながらスラスターとブースターを同時に吹いて離脱、唯一リアクティブではないコックピットの胸元に狙いをつけてレバーのスウィッチを押し込む。マシンガンを撃ちこんで一つの機械が宇宙に漂った。
 背部のアーマーが反応してロケット弾の爆風ごと背部へ吹き飛ばす。アーマーは過剰な速度を持って金属片になり、敵へ。その隙を突いて反転し、マシンガンを叩き込みながら接近する。ブレイズスタッフをジェネレーターに叩き込んで爆発の届かぬ場所へ。
 マシンガンのカートリッジを入れ替えて固まった三機へ突っ込む。弾丸をばら撒きながらブレイズスタッフを起動して奥歯を噛み締めてからあちこちへブースターを吹かす。めちゃくちゃなGで体をシェイクされて酸っぱい何かを胃に飲み戻す。辺りは敵から弾丸のプレゼントがそこら中に。ブレイズスタッフを一体に叩き込んで別の一体にマシンガンをゼロ距離でぶちまける。残りの一体が構えたライフルをこちらに叩き込みながら全時代的なブレード・ソーを突っ込んでくる。それはすでに覚悟していた。右足を跳ね上げてブレード・ソーに突っ込む。リアクティブアーマーが作動して破片がブレード・ソーとそれを操るマニピュレーターを貫いて小爆発した。ブレイズスタッフをコックピットに突きこんで同時にマシンガンを押し当てて連射、手間取った苛立ちと咆哮を纏めて吐き出した。
 振り向くと味方の軍は半数ほどがやられていて、太陽が生まれたように宇宙が明るい。その光の向こうには一体の影がある。宇宙には派手すぎる白い装甲に少々青が混ぜられた塗装は目立っている。
「……あれが敵軍の新型か」
 今回の作戦は敵軍の新型機を破壊せよとのこと。それを間近にしても、従来のものとどこが違うのははっきりとは判らない。そのマニピュレーターには巨大な近接用武装と思われるものがあるだけで、あとは装備が見当たらない。まだ試作型で不完全なのかそれが正式なのかは判らないが、脅威は感じなかった。しかしそれが味方の軍を倒したのは事実だ。慎重になり過ぎということはないだろう。
 マシンガンを撃ちながらブースターを吹かして下がる。推進剤の残りもそう多くは無い。
 敵の新型機――白いからホワイトスノーとでも名付けようか――は最低限の移動だけで弾丸を躱し、巨大剣を構えてこちらに向かってくる。ホワイトスノーの背後が光ったと思った瞬間、その機体はすでに半分ほど距離を詰めていた。
「――っ!」
 巨大剣が構えられて、その剣先からマズルフラッシュが吹いた。撃たれたと気付いたのはリアクティブアーマーが動いたからだ。
 噛み締めた奥歯を軋ませ、プログラムを弄ってリアクティブアーマーをアクティブに。ちょっとした裏技のようなものだ。体中のリアクティブアーマーは巨大金属弾として全方位へ飛んでいく。それをホワイトスノーは躱して、巨大剣型の射撃兵器を構えた。
 こっちだって負けていられない。追加レバーを乱暴を倒して背後のスラスターとブースターを全開にし、アクセスしてマシンガンをフルオートに、そしてブレイズスタッフにもアクセスして両方のリミッターを解除する。マシンガンのカートリッジを取り替えて特製のFFS弾に。ブレイズスタッフは理論上の最高値、一万六千三百八十四度近くまで灼熱する。冷却機関が追いつかなくてレフト・マニピュレーターと融合し始めている。早く決着をつけないと、どんどん不利になる。
「いくぞ、白雪姫」
 細身の白姿をモニター越しに睨みつけて、私はレバーを壊れんばかりに引き込む。背後のブースターとスラスターを最大にして前へ。Gはシートを遥かに越えて宇宙の星屑を中心としている。
「――――――――!」
 声にならない声で咆哮して前へ。
 決着には一秒とかからない。機体は秒速三百八十三メートルで突き進む。
 ホワイトスノーは巨大剣を構え、それを構えて同じように前へ。逢瀬は瞬間にすら満たない。灼け落ちたブレイズスタッフが宇宙に漂う前に、私の機体は廻りのデブリの一つと成り果てた。



  1. 2005/12/21(水) 22:30:55|
  2. 垂れ流し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

すっかり書いたことを忘れてた

「が――――、げ、ふ――ぁ、……う」
 肺の中身が搾り出される。いかに硬い剣で受けたとて、相殺を余る衝撃から逃れることができない。
「はっ、どうした雑種。いい加減、贋作にも飽いたか?」
 ぱちんと耳障りな指鳴りがしてギルガメッシュの背後に剣が浮かぶ。その数、十七。その全てを最速で解析し、基本骨子と構成材質だけを再現して合わせるように脳髄から搾り出しては相殺していく……とは聞こえが良すぎるか。奴のはごろごろと転がっているだけ、こっちは全て破壊されている。
「、ギ。ィ、……は、づ――」
 細胞が沸騰する。地獄の釜みたいに茹だって世界が紅い。爪が割れてじりじりと擦れている。柔らかい皮膚がぐじゃぐじゃに崩れてみっともない。それでも、血の混ざる眼球だけは奴の背後に向ける。咳が零れて石畳が血で濡れた。
「ここまでか。所詮は雑種だな、セイバーを待つ間にもならない。王の時間を取った罪、軽くは無いと思え」
 既に聴覚は埋まっている。あいつの口がなんて動こうが知りはしない。聞こえないのだから意味が無い。血溜まりの眼球でガランドウを睨みつける。蠢いた空気に眼を解析( と お )し、蕩けた脳に浮かぶ白黒の設計図へと集中する。今の俺に出来るのは、焼けつく寸前の魔術回路を動かして遠坂から魔力を貰い、投影するだけ。
「――――投影、開始(トレース   オ ン )
 目の端から、孔の開いた眼球から、指先、臓腑、歯茎、鼻腔、肋骨から血が流れている。今すぐにでも血の溜まった腹を掻っ捌いて身を軽くしたいほど気だるさは抗うのに疲れる。
 ――ネムれ。
   眠たい。
 ――ネムれ。
   眠れない。
 ――ネムれ。
   うるさい。
 ――ネムれ。
   (みみ)は塞がってるんだ、聞こえるはずが無い。
 瞬間の果し合いは二十四対二十四の剣軍。砕けた虚偽( け ん )が肌を切り裂く。
 悲鳴を上げるなんてどうかしてた。そんな余裕、どこにもあるはずが無い。
 出来ることは投影( ことば )を呟くだけだ。無駄な箇所を一つでも無くせ。でなければ、即、死に至る。
「なかなか頑張るが、既に興は殺がれた。疾く自害するのが礼儀であろう……!」
 聞こえない指鳴らしで三十八の剣が現れる。今までで最も多くの殺意が怖い。数え切れるというのに今の体では無限にも思える。
「――死ね」
 それは、たしかな裁きの言葉に違いない。なにしろその全てを投影する余裕も魔術回路もありはしないのだから。俺に出来ることは、今までで最も硬かった剣を幾重にも投影して俺の体の前に置くだけ。
 投影した剣は八本。五本目で一本が折れ、次は四つ目で砕け散る。新たに三本を投影するもその全てを防げずに三本の剣が左腕、右腿、五番と四番の左肋骨の間を貫いた。
「……………………」
 悲鳴なんて出せない。ただ、口と傷から溢れた血が石畳を濡らすだけ。
「生き汚いな。蟲のように繁栄した動物(いきもの)だけはある」
 新たに二本の剣が体を串刺しにする。右肋骨の三番と二番が砕けて左足の脛からふくらはぎまでバターみたいに容易く貫かれる。
「――――――、ぁ」
 無駄を漏らした。
投影……開始(トレース     オ ン )
 体に突き刺さった五本を投影してギルガメッシュに放つ。新しい十本がそれをいとも容易く粉々に撃ち砕いた。
「ふむ。これしきの物では倒れぬか。勿体無いが――それなら塵芥にしてくれる」
 ギルガメッシュが自らの手で波紋の広がる空間から引き抜いたのは、縦に連なった三つ円柱。それを解析しようとするが――線の一本すら解らない。
「まさか貴様如きに使うとは思わなかったがな。光栄に身を震わせて死ね」
 三つの円柱が互い違いに回転し、石畳に転がった剣を転がすほどの風を巻き起こしている。毛細血管が破裂した視界のせいか、風は紅い。
 とろりと粘ついた血と唾液を飲み干す。喉が渇いている。あれは別物だ、あれと比べれば今まで出てきた宝具( も の )など数打ちのナマクラにすぎない。思考は点滅して今にも断線しそう。神経( かいろ )は焦げついて今にも止まりそう。この体は滅ぶものの寄せ集めでしかない。
 思考に並んだ撃鉄は二十七、その半数が既に砕けている。血にまみれた拳でなんとか無事の十三を打ちつけた。
「――投影、開始(トレース   オ ン )
 ぶつりと致命的な何かが切れた。
 脳はしわ沿いに深淵までひび割れ、記録、保存、再認の機能が零れ落ちた。あるのは残り僅かのなにかを再生( うしな )い続けるだけ。
 新たに認識することは出来ない。つまり、今まで■■■■■■■が取り出した全てのナマクラを投影するだけがあの圧倒的な暴力への稚拙な対抗方法だ。
 砕けた脳からは意識せずとも設計図が溢れ出す。後は、魔術回路にその設計図を叩き込むだけ――。
 無理矢理百以上の設計図を連続投影するものだから、次々と魔術回路が焼け付いていく。二度と回らないそれはただ空白として残る。
工程完了、全投影連続層写( ロールアウト    ソードバレルフルオープン )――――――!」
 痺れる脳髄に指を先から微塵に刻まれるような痛みが叩き込まれる。こんなものは酷すぎる。こんなものは痛すぎる。こんなものは怖すぎる。
 点滅していた視界が途切れる。後には不確かな地面を踏んで不確かに投影をして不確かに暴れる風を防ぐだけ。
 だから、結末なんて知らない。
 体が先に死のうが精神が先に滅ぼうが関係なかった。何も感じない以上、意味など無いのだから。
 ただ一つ心残りなのは、あの弓兵の眼がどういう意味だったのか、それが判らないこと。 [すっかり書いたことを忘れてた]の続きを読む
  1. 2005/11/11(金) 22:37:06|
  2. 垂れ流し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

シリンダー・クロック

 手中の拳銃をこめかみに当てる。ダブルアクション式のリボルバーだ、ハンマーは動かさない。
「既に四発外れてる。確率はハーフだ」
 ああそうだ。六連装式の拳銃に弾丸は一発だけ。既に俺が二発、お前が二発こめかみで空っぽに放っている。がちりとこめかみを穿った音を、生きていたら俺は生涯忘れられやしないだろう。
 引き鉄にかけた指が震えている。眼の奥で赤い色が点滅している。首筋に下りる汗が冷たくて、なのに喉は張りつきそうなほど渇いている。
「いいかげん、長く生き過ぎたかな」
 死にたくはない。まだ四十半ば、人生の下り返し地点だ。五十にもなったら落ち着いて週末はゆっくりと釣りでも楽しもうと思っていた。六十にでもなったら廃れた図書館の本でも借りて読もうと思っていた。
「別に期限は無いだろう。ただ、幕を下ろすなら早い方が良いってだけさ」
 ああ、そうかい。
 震えた指が固まっていく。間接ごと石膏で埋めたように動かない。しっかりと噛み合わせたはずの歯が震えてかちかちと音を鳴らしている。まったく情けないものだった。だがこのまま震えていてもなんにもならないことも事実だった。
「さて、じゃあそろそろ死に往こうか」
 震えた唇を吊り上げて笑う。騙されろよ。
 石膏に固まった指を一旦伸ばしてからもう一度引き鉄にかける。戸惑ってくれるなよ。
「さあさ、お立会い。ここに居ますは今より扉を開ける道化師にござい! 見事茜の花が咲きましたら万雷の拍手と少々の気持ちを以って労い下さい!」
 心の中で数を数える。三、
 引き鉄は絞るものだと教えてくれたのは誰だったろうか。二、
 死に際に浮かぶ顔は居なかった。一、
 死んだら恨ませてもらうぜ。、零。
 ――がちん。
「さて、ここに道化師は面を外しまして……」
 本命の現れでございます。
  1. 2005/10/26(水) 20:09:51|
  2. 垂れ流し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。